ほどほどなるままに

バカボンド その2

文=daily写真=daily|2018年02月19日

草を伸び放題にしてたらどうなるよ
その下の低い草に日が当たらず枯れちまうだろ
地を這うような低い草は
人に踏まれても生きて
土に強い根を張る
その根が崩れない畔をつくる
強い畔があるから
人の手で水の出し入れができて
稲を育てさせてもらえる
それで俺たちも生きられる
丈の高い草はあっという間に伸びて
その影になる地を這う草は枯れる
そんなことはおかまいなしに上へ上へ
目もくれずに上へ
宮本武蔵ってのはそういう男だろ

以上は、バカボンドの一場面である。今の社会そのものではないか。武蔵はこのセリフを吐いた百姓との出会いで変わっていく。かつての僕がそうだったように。だから、生産者と消費者は交わるべきなのである。

daily