ほどほどなるままに

バカボンド

文=daily写真=daily|2018年02月18日

昨夜、小国町の宿で漫画『バガボンド』を読んだ。先日、ある人から34〜37巻をもらった。人生の転機にこの4冊を何度も読んできたという。天下無双への我執にとらわれてきた宮本武蔵が剣を鍬に変えて土を耕し、自然と対話しながら変わっていくという内容だった。宮崎駿は日本人の自然観をアニメで表現してきたが通底するものがあった。西洋には他の生き物は人間のためにあるという人間中心主義があるが、日本人は無生物と思われている生命にも命が宿っていると考えてきた。過去形にしてはならない。

daily