ほどほどなるままに

海峡ロデオ

文=daily|2018年04月04日

しばらく青森県にいた。日曜日は深浦町の漁師たちのところへ。カワハギを12月号でやることになった。刺身を肝醤油で食べさせてもらったが、あれはたまらない。一昨日から昨日までは五戸町にて、4月号の倉石牛生産者を取材。夜の宴会でご本人がその場でカットしてくれたハラミは口の中に入れた途端にとけてなくなった。あんなに美味しい肉は食べたことがない。そして、昨夜は大畑町で「海峡ロデオ」を名乗る漁師軍団と初対面。一目惚れし、その場で5月号特集を決め、そのまま飲み会になだれ込む。取り上げる食材の桜鱒のチャンチャン焼きは、酒が進む進む。漁協や役場の職員のみなさんも顔合わせから同席していて、過疎に立ち向かう大畑のみなさんの漲るやる気をバンバン感じた。今朝は、ロデオのように津軽海峡を乗り回す彼らの船に乗せてもらうことになったのだが、私は愛知県に移動せねばならず、若手スタッフ2名に託し、下北を泣く泣く去った。あぁ、ロデオしたかった、、、、、今夜は175回目となる車座座談会を豊田市でやる。一次産業の未来について、ロデオのような激しい議論をやりたい。

daily